テレクラでテレフォンセックスをする意味

テレクラは、出会いを探すことはもちろん、テレフォンセックスをすることも可能となっております。しかしどうして女性らは、テレフォンセックスなどするのでしょうか。それは彼女らが、その男性との相性を測るためなんですよね。つまり彼女らは、テレフォンセックスをすることによって、その男性が、エッチのときに自分のこともちゃんと気持ちよくしてくれるかどうかとか、優しくしてくれるかどうか、セックスが盛り上がるかどうかというのを判断するのです。

もちろん、テレフォンセックスそれのみを楽しみたいと考えている女性も多いのですが、それだけでなく、出会いの前段階として、テレセをするという女性は多いように感じられます。それは、つまりテレフォンセックスをするということは、同時に出会いを探すという行為でもある、ということなんですよね。

事実私は、テレクラを使い始めてから結構経ちますが、テレフォンセックスのあとに、女性のほうから、ちょっと会ってみない?と誘われた経験が何度もあります。電話でするエッチなんかに興味はない、という男性も多いかもしれませんが、実はテレクラにおいては、テレフォンセックスはただそのプレイを楽しむだけでなく、女性との駆け引きとしてなされる、といった面もあり、それが意外と面白いんですよね。

自分が、その女性の恋人になったようなつもりで、精一杯プレイを盛り上げてやって、そうして頑張ったあとに、デートに誘われたりすると、これほど嬉しいことはなく、かなりの達成感があります。テレセを楽しみつつ、出会いを探していく。こういうやり方もありなのではないでしょうか。

テレフォンセックスの魅力

さて、テレフォンセックスの魅力はどんなところにあるのでしょう。それを知れば、テレクラで出会いを探すのも、今の何倍も楽しくなってくるはずです。テレフォンセックスの楽しみは、台詞などのリクエストにあると私は思います。みなさんもたぶん、ご存知かとは思いますが、アダルトビデオに、淫語というジャンルがありますよね。女優さんが、ひたすら卑猥な言葉を繰り返しながら、フェラや本番といったプレイに臨むジャンルです。そこでの主役は、映像もさることながら、やはり「言葉」ではないかと思います。

また、AV以外にも、二次元画像の中には、台詞つきのものがありますよね。そしてそれは結構人気があったりします。CDにも、エロボイスを収録したようなものもあり、言葉というのは、実はそれだけで性的興奮を掻き立てる力を持っているんですね。

テレクラでテレフォンセックスをするときの楽しみは、やはりこの「言葉」に尽きると思います。アダルトビデオに観るような卑猥な言葉を言ってもらうことができるのです。みなさんも、セックスの最中に言われると興奮するといった言葉はあるでしょう。それを相手にリクエストして、それを聞きながら、オナニーをするのです。これはかなり、気持ちがいいですよ。言葉攻めしてもらうのもよし、こちらからちょっと意地悪なことを言ってみるのもよし。イク瞬間に「中に出して」なんて言ってもらうのもありですね。

想像するだけで、すこし興奮してきませんか?

それを素人の女性が、あなたのためだけに言ってくれるのです。息を荒くして、エッチをするときにしか聞かせない、甘い声で、耳元に囁いてくれるのです。あるいは興奮しきって、叫ぶくらいの勢いで言ってくれるかもしれません。このように、台詞のリクエストと、そこから得られる興奮というのが、テレクラ、テレフォンセックスの魅力であり、醍醐味なんですね。

もちろんあなたも、ある程度は相手の性癖に付き合ってあげなければなりません。でも、所詮は電話ですから、恥ずかしいとか面倒くさいとか、そういう気持ちが湧いてくることもないはずです。