テレクラで出会いを探すときのポイントとは?

テレクラで出会いを探すときのポイントとは

テレクラは、電話エッチを楽しむことのできる場所ですが、同時に出会いを探すこも可能です。その両方を楽しむのが、テレクラの正しい使い方ではないかと思います。しかし電話エッチをするだけならまだいいものの、実際に会うとなれば、やるべきことは増えてきます。アプローチの仕方を考えないと、女性はなかなか会ってはくれないんですね。それではテレクラで出会いを探すときには、いったいどのようにするのがベストなのか。以下にポイントをまとめてみたいと思います。

礼儀正しく接する

これはごく当たり前のことですが、相手の顔が見えないと、つい礼儀を欠いてしまうということは誰にでもあるのではないかと思います。たとえば挨拶をしなかったり、油断するとタメ口で話してしまったり。それは相手によっては不快感を覚えるかもしれませんので、電話が繋がったら挨拶をきちんとする、敬語で話すというのを心がけてください。

相手がタメ口で話してきて、緊張もほぐれてきたと思ったら、あなたもフレンドリーな話し方をして構いません。

下心はなるべく隠す

女性と話すときのポイントは、下心があることを隠しておくということです。それは本音と建前のようなもので、テレクラを利用している時点で、男性に下心があることは女性もわかっています。しかし、エッチなことをするのに必死だったり、そのことしか頭にないような話し方をしたりしていると、女性は「この人、気持ち悪いな」と思ってしまうんですね。

ですから、なんでもない雑談をしているときには、下心を隠し、もし電話エッチをするようなことがあれば、そのときには思う存分それを楽しむというように、メリハリを意識するようにしましょう。

年齢やスタイルなどのことを訊かない

女性は、年齢や体重を訊かれるのを嫌がる傾向があります。特に年配の女性は、いきなり年齢を訊かれると、失礼な男だなと思ってしまう可能性がありますので注意が必要です。また、痩せ型の女性にしか興味がないのでも、いちいち体重なんかを訊いていたら、出会いなんて絶対に見つかりっこありません。

このほかにも、相手を不快にさせてしまう可能性のある発言はたくさんあると思いますので、不用意なことを言わないように気をつけましょう。

連絡先の交換、奢るよの一言

テレクラは基本的に、一期一会を楽しむものですから、電話を切ってしまうと、もう二度とその女性とは話せないかもしれません。ですから、通話の終わりには、必ず連絡先を聞くようにしてください。会話がちょっと盛り上がったあとに「直の電話にしない?」などと誘ってみるのが良いでしょう。そうすれば、相手の女性に「えー、もう話すことないよ」なんて思われてしまうのを防ぐことができます。

デートに誘うときには、「奢るよ」の一言を忘れずに。女性にしてみれば、自分と会いたがる男はいくらでもいるわけで、あなたにこだわる必要はほとんどありません。ですから、会うことにメリットを見出せるようにしてやらないと、彼女らはなかなかデートを承諾してはくれないんですね。

以上のことを意識して、テレクラで出会い探しをしてみてください。